【ダイエットで”トクホ”を使用する人ほど不健康になる?!その謎を紐解きます】

 

前回の記事、ライザップ牛サラダを食べてみて分かったこと。

こういう料理を出すから、食品ロスの問題に繋がってくるのだろうなと
感じずにはいられませんでした。(不味いし、人間によって無理に太らされた鶏肉などが使用されているだろうなと感じました)

【話題のライザップ牛サラダを食べてみたら・・舌が炎上しましたw】

 

街に出れば、ダイエット食品がそこら辺中で広告されていたり、
店に行けば、やれ糖質オフだというメニューがおすすめされていたり、

でも、それって企業が「売上を上げたい」っていう目的で
「それを口にした人がどうなるか?」は、ほとんど考えられていないものも沢山あります。

例えば、人工甘味料は典型的な例で・・・

「糖質0」と書いてあるジュースや食品にも、この人工甘味料は使用されているものがほとんどだし
人工甘味料が脳からの神経伝達や発達障害などに関与していることはあまり知られていません。

水500ミリリットルを飲むスピードよりも、ジュースを飲むスピードの方が速いのはなぜか?

これは、人工甘味料という得体の知れないものが「味覚」という神経があやふやになっているという点。
アルコールに例えるとわかりやすいでしょう。

アルコールも神経伝達回路をあやふやにするので、飲んでいるのにまた飲めてしまう。
感覚が鈍くなるんですね。

つまり、そういうのを口にしてばかりいると”痩せる=健康になる”ではない可能性も高いということです。

 

カロリーゼロが身体に良いとも限らないように「トクホ」もカラダに良いとは限らない

 

巷に溢れている「トクホ」と言われる特定保健用食品は
「身体に良い!」というイメージがある人も多いと思います。

が・・・

カロリーオフとかカロリー0、低糖質などの食品や飲み物が必ずしも身体に
良いわけではないのと同様、トクホを摂取するほど実は不健康になるんじゃないか?

こう言われていることはあまり知られていません。

 

トクホが本当に身体に良いか実験

こんな実験があります。

リンゴと、トクホの商品でもあるリンゴジュースを
グループに分けて、一定期間摂取させたあとに血液検査を
するという実験です。

レモネード, オレンジ, リンゴジュース, ドリンク, 夏, 新鮮です, フルーツ

リンゴを摂取した人たちのグループは、HDL(善玉コレステロール)が
増加したのに対して、リンゴジュースを摂取したグループはLDL(悪玉コレステロール)が
増えたという実験内容です。

トクホは、ほとんどの商品がお金のある大手企業から出ます。
これを読んでいる方が「大手企業の出している商品は安心!」とが思っていたら申し訳ないですが
必ずしも大手企業の商品が安全かというと、それはないです。笑

大企業にもなると、売上を上げるために「人間の心理」を絶妙についてきます。

 

「トクホ」という名がもたらす心理効果

それが、どんな心理をついて「トクホ」と名乗っているのかというと・・

国から指定された「特定保健用食品」「トクホ」と聞くと「安心」する人は多いはずです。
(少なくとも義務教育を受けてきた人たちは特に)

で、トクホの商品を自慢しながら飲んでいるオッサンて、たまにいません?

新橋のガードしたで、

「俺、最近コレステロール値が高かったから、トクホのお茶を毎日飲んでいるんだぜ!」

って、ビールを飲みながら。ポテトフライを食いながら。なぜか、自慢しながら。

これは「トクホ」=「身体にいい」「痩せる」という”すり込み(洗脳)”を企業が
やっているからです。

もちろん、中にはまともなトクホの商品もあるでしょうが(そう願っています)
コレステロール値が高かった人が、コレステロール値が改善されるのは
トクホの影響よりも、トクホを飲むことによって他の食事内容やライフスタイルを
改善した影響の方が大きいはずです。(揚げ物を食べなくなったとか、運動をはじめたとか)

 

ダイエット食品は痩せたとしても、健康をもたらすのか?

少なくとも、僕が色々と調べている食事やダイエット食品などは
「痩せる」かも知れないけれど「健康を害する痩せ方」、「メンタルがやられる痩せ方」
をする商品も少なくないです。(というか、多いです)

僕は、なんでもかんでも「糖質」を減らすと、痩せるけれどやばい痩せ方をしますよ。
って伝えていますが、特に某ライザップさんに通ったことのある人がうちの恵比寿のサロンに
来るとみんなビックリします。

なぜなら、糖質の摂取量を増やしても痩せるし、身体の調子がよくなるから。
(痩せすぎていた人は、太ります。適正体重になると思っていただいたらOKです)

何より、女性は甘い物(糖質)を摂るとストレスから解放されません?
その理由の一つとして、女性は甘味を感じる舌の面積が男性よりも広いからです。(他にも理由はあります)
男性は、女性よりも苦味を感じる方が敏感なのでチョコレートよりもビールが好きなわけです。

だから、女性から糖質を奪い取るのって、身体にとってもストレスだし、
味わうことができないストレスとダブルパーーーーンチ!!をくらうわけです。

だから、どうかお願いです。某ライザップさん、某パーソナルトレーニングスタジオさん・・・

 

女性から糖質を奪い取るのはやめてください

 

 

  • 痩せればなんでもOK!
  • 痩せさせた俺はスゲー!

 

なんて思っているトレーナーは3流です。

痩せたあとのことや、その人の健康状態、その先の人生まで創造して
食事や運動のアドバイスをすることが本来のトレーナーとしての姿だと思います。

でも、昔は僕も「糖質は悪」といっていた一人のトレーナーです。w

そして、他のトレーナーさんも「糖質」については、生理学の教科書を調べたところで
正しい答えが載っているわけでもありません。

ただ、固定概念を外して自分で実践してみたり、糖質についての文献やエビデンス
お客さんの経過を調べるごとに、「糖質について勘違いしている」ことに気付いてきました。

 

  • どんな糖質なら摂取していいのか?
  • どんな糖質は摂取しない方がいいのか?

 

これらを”ハダカデバネズミ”を例に挙げて笑、また次回説明していきましょう!

 

 

1分間読むだけで痩せる!無料メルマガ

具体的なダイエット方法については「14日間で学ぶ!ダイエット食品の裏側」の無料メルマガをご覧ください!

15分で作れる無添加ダイエットレシピ

「15分で作れるお手軽無添加ダイエットレシピ」こちら

 

目から鱗パーソナルトレーニング特別体験はコチラ

30分無料相談も承っていますので、お気軽にフォームよりお問合せください!

池田快人(いけだ かいと) 20代の時に年間3,000本以上のセッションを受け持つ。現在は、数少ない女性専門の男性パーソナルトレーナーとして20代~40代の女性がこぞって通うMERISE@恵比寿の代表。 綺麗に痩せたいならダイエットなんてやめちゃえ!!と毒を吐く人。 お忍びでモデルやタレントも通う、知る人ぞ知る隠れ家的サロン 女性専門ダイエットMERISE@恵比寿http://merise-ebisu.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池田快人(いけだ かいと) 20代の時に年間3,000本以上のセッションを受け持つ。現在は、数少ない女性専門の男性パーソナルトレーナーとして20代~40代の女性がこぞって通うMERISE@恵比寿の代表。 綺麗に痩せたいならダイエットなんてやめちゃえ!!と毒を吐く人。 お忍びでモデルやタレントも通う、知る人ぞ知る隠れ家的サロン 女性専門ダイエットMERISE@恵比寿http://merise-ebisu.com/