【ダイエット情報】お坊さんで太っている人の割合が少ない理由を考えてみた!

【ダイエット情報】お坊さんで太っている人の割合が少ない理由を考えてみた!

こんにちは!パーソナルトレーナーの池田快人(イケダカイト)です。⇒プロフィール紹介はこちら

前回の記事が大変人気でしたので、ダイエットにご興味のある方、ダイエット中の方はぜひご覧になってみてください^^【超朗報!】糖質制限なんてしなくても簡単に痩せるよ!ダイエット中に、果物もチョコレートもはちみつもOK!

さてさて、僕は一週間に一度だけプリンスパークタワー東京で仕事があります。プリンスは赤羽橋駅近くにあって東京タワーが見える人気ホテルの一つ。

 

で・・・仕事帰りに、歩いていける増上寺にたまに足を運びます。

 

 

写真からもわかるように、増上寺はだいぶ大きなお寺で、徳川将軍家とも深いゆかりがあるお寺なんだとか。そして、こちらのお寺の中には一般の方も入れるようになっています。

こちらの中に入ると、中には大きな仏様があって、そこで20人くらいのお坊さんたちがお経を唱えます。(この様子も中で間近にしてみることができます。外国人のお客さんも多いです)そのお経を唱えるお坊さんたちを見ていると、太っている人が少ないことに気付きます。20人いて「あ、明らかに太っている!w」と思えるお坊さんは1人だけでした。(明らかに日本人の肥満の統計よりは少ない数字です)

お坊さんに太っている人が少ない理由

僕は、お経を聞きながら考えました笑。お坊さんに太っている人が少ない理由を。その一番の理由は


生活パターンが習慣化されている


という事に辿りついて、勝手に一人で納得していました笑

現代人が太る主な原因

現代の日本人に、肥満が増えてきた理由の一つとして、生活パターンがグチャグチャという理由があると思います。

  • 寝る時間、起きる時間がバラバラ
  • ご飯を食べる時間、食べる量や内容が日によってバラバラ
  • 運動にかける時間も日によってバラバラ
  • お風呂に浸かる、浸からない
  • 決まった時間に朝日を浴びない etc.

 

もしかすると、こちらのブログを読んでいただいているアナタも思い当たる節があるかもしれません。

生活パターンがグチャグチャだとなぜ太り易いか?

太る時の特徴として、感情の起伏が激しい。精神的(気分)が日や時間によってバラバラ。というのがあります。これは、「そうかも」と思う方も多いかもしれません。感情の起伏は主に「自律神経」に影響を及ぼします。本人が意図して気分を上げたりしているのであればそんなに問題ないのですが、ほとんどの人は、感情や気分をコントロールするのが難しいと思います。

なぜなら、自律神経が乱れている場合は、この感情のコントロールを自身で制御できなくなるからです。そして、アナタも経験があると思いますが、自律神経が乱れているとき、つまり感情の起伏が激しいときというのは,生活パターンも乱れ易いです。そう、特に”食事”が。

  1. 食事の量
  2. 食事の質
  3. 食事の時間帯

この3つは体型のコントロールの時に必ず覚えておくべき3つのポイントだよ!」と、よくお客さんにはお伝えしています。ただ、乱れはじめると自分ではどうしたらいいのか?わからなくなりますよね?そして「自分は本当にダメな奴・・」って、自分で自分自身を卑下して無事に負のスパイラルに・・。

感情の起伏や自律神経を整える為に感単にできること

感情や自律神経を整えるために、簡単にできることがあります。それが・・・


「生活パターンを出来るだけ整える」


ということです。そう、最初にお伝えしたお坊さんの話ですね。例えば、同じ時間に寝るようにするとか、同じ時間に起きるでも出来そうなところからでいいんです。でも「そんなこといっても、仕事の終わりが日によってバラバラだし」とか「子育てで、それどころじゃないし」とか「好きな人に振られてやさぐれている最中だし」とか、色々な声が聞こえてきそうですね!笑

自律神経を整える為に、朝日を浴びたほうがいいとか、睡眠の質をあげるためにラベンダーの香りを嗅いでから寝たほうがいいとか、色々な方法を聞いたことがあると思います。

でも、もっと根本的に大切なことがあって・・・自律神経の乱れは「低血糖」も関係しているということです。ほら、よくお腹がすくと機嫌が悪くなって喋らなくなる女性っているじゃないですか?笑 それです。それ。

血糖値を極端に下げないことが、自律神経の乱れ改善する第一歩

血糖値を下げない為に大切なことは、大きく分けると2つ。

  1. 高血糖になる食べ物を控える
  2. GL値の低い自然糖を摂取する

です。

次回、この2つに該当する食べ物や飲み物をお伝えしますが、簡単に出来るオススメの方法は・・・

 

 

 

 

寝る前にハチミツを摂取して寝る

 

 

です。(大切な部分なので、あえて小さくしてみました)特に、普段から交感神経が優位になっている人にはオススメ!(交感神経優位は、スイッチONの状態が長い人具体的には、仕事が忙しい、気が張っている、呼吸が浅い、運動のしすぎ、小さいことを気にしすぎ、悩み易い、休みが少ない、完ぺき主義、など)

はちみつは、必ず非加熱のもので、お茶や純正カカオと牛乳に溶かして飲んだり、ヨーグルトに混ぜたり、チョコレート(出来れば植物脂や乳化剤が入っていないもの)にハチミツをつけてみたり!上手くいけば、その一回で睡眠の質が上がって翌朝のスッキリ感がいつもと違うかもしれません^^

 

ダイエットや自律神経のことで悩んでいる方に、今回の記事が参考になれば幸いです!

 

 

11/23(金)開催決定!

【特別企画】~プロフィール写真撮影会@恵比寿~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池田快人(いけだ かいと) 20代の時に年間3,000本以上のセッションを受け持つ。現在は、数少ない女性専門の男性パーソナルトレーナーとして20代~40代の女性がこぞって通うMERISE@恵比寿の代表。 綺麗に痩せたいならダイエットなんてやめちゃえ!!と毒を吐く人。 お忍びでモデルやタレントも通う、知る人ぞ知る隠れ家的サロン 女性専門ダイエットMERISE@恵比寿http://merise-ebisu.com/