【閲覧注意】飲むライザップを試しに飲んでみた!その結果、わかったこと・・~前編~

【閲覧注意】飲むライザップを試しに飲んでみた!その結果、わかったこと・・~前編~

 
{C1B90351-DCED-4936-9760-5B4C855EAC64:01}

今日は、ライザップさんに通われている方たちを敵にするであろう、ややブラックな記事です。ですので、ここから先はご自身で判断の上でご覧いただければと思います。

飲むライザップ~前編~

記事の内容は、3月に新発売された「キリン×ライザップ」のドリンクについて。

飲むライザップ”として話題になっている商品ですね。

こちらの商品が、カラダに良いのかどうか?ダイエットに役立つのかどうか?

記事をご覧になった上で、ご自身で調べて判断いただればと思います。

飲むライザップの開発&販売の目的

まず、こちらの商品を発売している、キリンさんのサイトに書いてある文言について↓↓↓

 “健康に関わる社会課題”の解決のため、運動不足や生活習慣の乱れを気にかけている人へ向けて、両社初となる低糖質・プロテイン飲料「キリン ライザップ プロテインボトル」を3月28日(火)より全国で発売します。 

今回、「ライザップ プロテインボトル」の共同開発が実現した背景には、「健康的な習慣づくりのきっかけになりたい」という両社に共通する思いがあります。キリンビバレッジは、先駆的で本物志向の商品を通じた「健康習慣づくり」に向けて取り組んでいます。RIZAPは累計7万人を超えるお客様に「人生最高の体と自信」を提供し、健康の知識・ノウハウを培って「世の中の方々に健康になっていただきたい」と常にお客様に寄り添う思いを持っています。

プロテイン市場は前年比133%※1と伸長しています。キリンビバレッジ調べによるとプロテインの摂取理由は、“体を鍛える層”から健康に過ごしたいと考える“健康志向層”へ拡大しています。また、食事と運動の両立による健康的な体づくりが広がっています。「ライザップ プロテインボトル」は、5000mgのプロテインを配合しており、毎日の運動習慣を応援していきたい商品です。さらにプロテインの飲みづらさを払拭し、おいしく飲み続けられるピーチヨーグルトテイストに仕上げており、いつもより速く歩くなどの、日常の軽い運動後のさまざまなシーンで楽しめます。

 
 
 
 
こちらの商品を開発&発売した「目的」として、
※「ライザップ プロテインボトル」の共同開発が実現した背景には、「健康的な習慣づくりのきっかけになりたい」という両社に共通する思いがあります。
 
 
 
という文言があります。
 
 
 
健康的な習慣づくりのキッカケとして、こちらの商品を開発&発売した企業努力は、企業の鏡だなと。そして、僕のような一個人からすると大変恐れ多いですが、この“思い”は本当なのですか?と。
 
 

健康とはなにか?

 
「健康」という定義は、カラダに異常がない状態のことです。
 
 
単純なことですが、カラダに異常がない状態を維持するためには、カラダにとって、異常がないものを摂ることが重要になってくるでしょう。今日のテーマになってきますが、この飲み物は、健康のために「異常がないもの」が入っているのか、入っていないのか?ここについてみてみましょう。
 
 
当たり前ですが、カラダにとって異常ではないものとは、自然(天然)のものです。異常なものとは、人工的に作り上げたもの。つまり、もともと自然界には存在しないものです。これは、いたってシンプルな考え方でしょう。
 
 

では、このドリンクになにが入っているのか?

 
こちらのドリンクに入っている成分は、下記の通りです。
 
 

原材料名

果糖ぶどう糖液糖、乳タンパク質/香料、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

 
 
{B2A0D0DE-90A6-4AE9-81B2-24B9F9DB2C0D:01}
 
こちらは、食品や飲料に記載する義務のある成分表示です。このドリンクの成分表示にはこのように書かれています。普段、成分表示を気にしない方だと、この成分を見ても???となると思うので、説明していきましょう。
 
 
成分表示は、含有量の多いものから順番に表示されます。つまり、こちらのドリンクには「果糖ブドウ糖液糖」というものが一番多く含まれています。”糖”って、何回表示されてんのよ?と、疑問に思った方も多いでしょう笑
 

果糖ブドウ糖液糖とは

 
この果糖ブドウ糖液糖というのは、何から作られているのでしょうか?
 
これは、自然のものなのか人工的何なものなのか? 
 
 
 簡単に言うと、 この果糖ブドウ糖液糖はトウモロコシやジャガイモなどを精製して作り上げます。精製というのは、加熱したり、人工的なものを添加したりして、もともと食材が持っている栄養素を根こそぎ取り除いて、美味しいと感じさせる作業のことです。(本当は、美味しくないんですけど、こういう人工的な甘味というのは、脳みそが騙されて味覚がマヒしてしまうんですよね。。)
 
 
 
そして、この果糖ブドウ糖液糖に使われているトウモロコシなどは、ほとんどが遺伝子組み換えです。(アメリカなどから輸入されてくるトウモロコシは、80%近くが遺伝子組み換えです)
※遺伝子組み換え食品の危険性については、もはや記載する必要もないでしょう。
 
 
ちなみに、納豆などで成分表示のところに(アメリカ・カナダ産大豆使用(遺伝子組み換えではない))と表記されているものがありますが、5%以下なら遺伝子組み換え大豆が入っていても、このような表記を認可しているのが日本の法律です。
 
 

乳タンパク質とは

次に、乳たんぱく質。
 
たんぱく質と聞くと、カラダに良いものだとイメージする方も多いと思います。
そして、こちらのたんぱく質には「乳」という感じが使われているため、きっと牛乳を使用したたんぱく質なのだろうなと。こちらの商品に使用されいている乳たんぱく質の種類や製造方法が、どのような工程で作られているのかは謎です。
 
 
一般的には、このようなドリンクで乳たんぱくを使用する場合は、製造過程で高温殺菌加水分解をという工程を行います。(たんぱく質は、熱に弱いです。このような処理をすることにより、たんぱく質がどう変性するのかは・・・牛乳を高温殺菌するのと似たようなものです)
 
 
面白いのは、こちらのドリンクに「プロテイン5,000mg配合」と書いてあります。知らない人だと、プロテイン(タンパク質)5,000mgって多そう!と思う方も多いのではないかと。5,000mgということは、5g。
 
 
 
500mlに対して、5gということは・・・100mlで1gです。
 
 
 
ちなみに、こちらの商品は低糖質のイメージも守っているのだと思いますが、糖質は100mlに対して1.8gと表記されいてます。
 
 
 
{44358893-FB24-4C63-9F3C-505EAAF613F7:01}
 
つまり、100ml中、糖質は18,000mg。500ml飲んだら90,000mg!実際、こちらの商品の表記の仕方は・・・
 
 

プロテインは5,000mg。(500ml中の表記)
糖質は1.8g。(100ml中の表記)

 
 
まぁ、表記の仕方で多そうにも少なそうにも見えますね。。笑
広告と同じように”表記の仕方次第”で僕たちの心理は変わってくるんですね。
 
 

実際の味は・・・

 
 僕は、このドリンクをFamily Martさんに行って購入。一本150円。税込で162円。
 
 
{4F539560-41FF-4FE4-B5E2-CAB2950741C6:01}
 
 
「ピーチヨーグルトテイスト」と書かれていて、色は白濁しています。
 
 
 
“よく振ってからお召し上がりください”
 
 
 
 
との文言があったので、ペットボトルの底を見てみると・・・
 
 
 
 
{9BD3AABC-0C5C-474E-BF99-6591F6C7EAFD:01}
 
(見えずらいですが、、)
なんか、変な白い塊がこびり付いています。(これが乳タンパクなのかは不明)
 
 
 
そして、振らずに一口。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「甘っ・・・!!!笑」
 
 
 
 
 
 
 
 
糖質もカロリーも控えめのドリンクによく使用されている人工甘味料。
 
 
こちらのドリンクには、「アセスルファムK、スクラロース」を使用。カロリーは、限りなくゼロに近く、それでいて砂糖の100倍以上の甘さを感じると言われている人工甘味料たち。低コストで、低糖質を実現した糖。
(人工甘味料は、冷やすと甘さが増して感じるという特徴があります。人工甘味料の入った清涼飲料水を常温で飲むとメチャクチャ不味く感じるために、キンキンに冷やしてあるのがほとんどです)
 
 
 

実際に入っている成分

 
 
果糖ブドウ糖液糖、香料に酸味料、さらには人工甘味料。
 
 
 
 
どちらに自然な物が含まれているのか?
 
 
 
 
 
果糖党
ブドウ糖党
液糖党
人工甘味党
 
 
 
 
 
どの党(糖)を信じればいいのか?
どの党(糖)に票を入れればいいのか?
 
 
 
 
 
 
 え、森○学園さんと同じように企業も政治と何か関係が?
 
 
 
 
人工的な甘味料を使用すれば、8億円位は簡単に法人税を下げてくれたり?笑
 
 

日本のダイエット食品事情

 
世の中にこういう食品が出回り、大量に摂取しているとどうなるか?(添加物や遺伝子組み換え食品の摂取量が世界で一番多いのは、日本人)
 
 
ここがみんなあまり知らないところですが、こういった人工的なものばかりを摂取していると、痩せる人も出てきます。(味覚がバカになって、食べ過ぎる人もいますが、免疫が落ちて食欲がなくなって痩せる人もいるでしょう)
 
 
 
異性化糖や化学調味料、農薬、などは、カラダによって非常に重要な「ミネラル」を奪い取ります。ミネラルが奪われると免疫が低下し、病気にかかり易くなるのは目に見えています。(ミネラルの役割や重要性については、近々記事にします)
 
 
まぁ、こういう時は、実際に聞いてみるのが早いということで、こちらの商品の販売元に電話をしてみましたので、それはまた次回記事にさせていただきます。
 
 
 
他の飲料や食品でもそうですが・・・僕が、お伝えしたいことは、飲み物でも食品でも、自分の子どもに与えられるかどうか?という判断基準を持つことはとても大切なことだということです。
 
 
 
自分の子どもに、食品の成分に何が入っているのかを調べずに与えるのは親の責任でしょう。テレビが、マスコミが、企業が、厚生労働省が、添加物や人工甘味料、農薬には、人体に影響のない程度の量しか入っていない、
安全性は認められている、と言ってはいます。
 
じゃあ、どうして、レッド○ルを飲んだ子どもが亡くなり、牛乳を飲んでいても、キレやすく、骨粗しょう症になるのでしょうか?
 
 
 
自分の子どもと同じように、アナタ自身のことも大切なはずです。
 
 
 
でも、そうは思いながら、口にするものやカラダのことを気に掛けない人がどれだけ多いことか。どれだけ多くの人たちが、カラダの不調や病気に”なってから”気付くことか。カラダを作るのは、アナタが口にするものです。
 
 
 
今回、紹介させていただいたドリンクがカラダにとって悪いか良いかということではなく、自分で口にするものだから、「何が入っているのか?」、また、その成分が「カラダにどのような影響を与えるものなのか?」
 
 
 
それを何も考えずに、自分で口にしたり、子どもたちに与えたりして症状が出てから、あーだこーだいっても、アナタがそれを選んだんでしょう?と、病院にいわれてしまえば何にも言えないです。
 
 
結婚相手は、よく吟味して選ぶのに、自分カラダを作る食品は気にしない。というのも、不思議な感じがします。
 
 
人間関係、食べ物、仕事。自分が長く付き合っていくとわかっているものだからこそ、自分で考えることや、調べることが大切だなと思います。そのキッカケになれば幸いです。
 
 

【90日間ダイエットBefore&After】

image image image

お問合せはお気軽に下記までメッセージください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池田快人(いけだ かいと) 20代の時に年間3,000本以上のセッションを受け持つ。現在は、数少ない女性専門の男性パーソナルトレーナーとして20代~40代の女性がこぞって通うMERISE@恵比寿の代表。 綺麗に痩せたいならダイエットなんてやめちゃえ!!と毒を吐く人。 お忍びでモデルやタレントも通う、知る人ぞ知る隠れ家的サロン 女性専門ダイエットMERISE@恵比寿http://merise-ebisu.com/